断裁・型抜き|初めてでもプロになるまでサポート『封筒屋どっとこむPRO β』

封筒専門店 - 封筒屋どっとこむプロ 封筒のことならなんでもご相談ください!

断裁・型抜き

断裁・型抜きの種類

断裁

断裁

2台の断裁機と紙揃え機1台で、ハトロン判まで対応します。

  • トレーシングペーパーなどの一部の刃を傷めやすい紙は、断裁を経ないトムソン抜きをご提案させていただきます。

エキセン抜き

エキセン抜き

刃を封筒サイズに合わせてセットし、一度に数百枚重ねて抜きます。封筒屋どっとこむプロの場合、2隅ずつ、頭側と底側の2回に分けて抜きます。ダイヤ貼りの場合は1度です。窓抜きや、折り筋・ミシン目の追加は後の工程で行います。

封筒屋どっとこむプロではこの抜き方をメインで承ります。適さない紙や形状の場合は、トムソン抜き(ビク抜き)にて対応いたします。

メリット・デメリット
  • 紙の無駄を抑えられる
  • 型をその都度つくる必要がないため、コストを抑えられる
  • 封筒サイズの変更・調整にフレキシブルに対応(上限・下限はあります)
  • 上記3点から短納期での対応が可能
  • 厚く重ねるほど、上部と下部の紙とで位置に誤差が生じやすくなる
  • フチにそって紙の裏に印刷がうつる"裏うつり"が生じる場合がある
当店所有のエキセン型一覧
特に型のご指定がない場合は、当店でベーシックなものを選択して使用します。洋形封筒の場合、頭の角が尖ったものと丸めたものの2種類ございます。
PDFダウンロード

トムソン(ビク)抜き

トムソン(ビク)抜きトムソン(ビク)抜き

合板に封筒のサイズ・形状に合わせて刃物を埋め込んだ抜き型をつくり、打ち抜き機で1枚ずつ抜きます。封筒屋どっとこむプロでは《トムソン型》《木型》といいます。通常、窓抜きや折り筋・ミシン目なども同時に加工できます。一度つくった型は繰り返し利用できます。

メリット・デメリット
  • 窓を含め、エキセン刃では再現できない特殊な形に対応できる
    (変形・オリジナル形状、マチ付き封筒、自由な位置にミシン目・折り筋を追加するなど)
  • 折り筋や切り取り線(ミシン目)なども対応可能
  • 1枚ずつ抜くため、エキセンよりも高い精度で抜くことができる
  • エキセン抜きにくらべて、コストがかかります
  • サイズや窓位置に変更が生じた場合、型から作り直す必要がある
  • 紙は封筒の展開サイズより大きめにする必要がある

設備紹介

裁ち

名称 メーカー 台数 加工内容
断裁機 大 余田機械工業株式会社 1台 ハトロン判(900mm×1200mm)まで
断裁機 小 余田機械工業株式会社 1台 四六判(900mm×1200mm)まで
紙揃え機 株式会社工藤鉄工所 1台 ハトロン判(900mm×1200mm)まで

エキセン抜き

名称 メーカー 台数 加工内容
エキセン抜き機 株式会社岩佐鐵工所 4台 センター貼り、左貼り、右貼り、カマス貼り
断裁・型抜きの設備紹介

加工についてのご要望・お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

封筒屋どっとこむプロでできること

会員登録(無料)するとできること

  • 封筒のお見積もり・ご注文
  • 図面AIデータの自動生成
  • 見積・注文履歴管理
新規会員登録(無料)
ページトップ