窓加工|初めてでもプロになるまでサポート『封筒屋どっとこむPRO β』

封筒専門店 - 封筒屋どっとこむプロ 封筒のことならなんでもご相談ください!

窓加工

窓加工の種類

ポンス抜き(鋳物の型)

ポンス抜き(鋳物の型)

古くからある機械で、台に重ねてセットした紙を鋳物の型をのせ、圧力をかけて一度に抜きます。型は現在、約700種保管しています。

メリット・デメリット
  • 位置合わせの自由度が高く、角0サイズまで対応できる
  • 少しずつ抜くことで様々な紙厚・紙質に対応できる
  • 該当する窓型があれば型代不要
  • 宛名用の窓など許容できるサイズに幅がある場合はほとんどの場合対応できる
  • 1つのデザインで半数は窓付きにするといった要望でもスムーズに対応できる
  • トムソン抜きに比べると窓位置にずれが生じやすい
  • 形状に歪みが生じてやすい・細かい形状は作成不可
  • 紙質や窓のサイズによりフチがシワになったり破れるリスクが高くなる
窓ポンスタガネ(型)一覧を見る
全て四隅は丸くなった四角形です。
なお、掲載されていないものもあります。お問い合わせください。
PDFダウンロード
  • 複数の窓も対応します。トムソン抜きの方が安くなる場合はそちらをご提案いたします。

彫刻刃 / ロファレックス(ピナクル)抜き

彫刻刃 / ロファレックス(ピナクル)抜き

窓抜きと窓貼りを同時にできる機械で、1枚ずつぬきます。 ポンスに比べると歪みなどなく正しい形状で抜くことができます。

定番サイズは、耐久性のある彫刻刃を用意しています。かまぼこ型の刃物です。

その他のサイズで、ポンス抜きより正確な加工をご希望の場合は、ロファレックス(ピナクル)がございます。ロファレックスは、厚さ0.5mmほどの薄い刃物です。少し凝った形状の丸や楕円などもご用意しています。

トムソン(ビク)抜き

封筒自体をトムソンで抜く場合は、別途窓だけ抜く必要はなく、窓も含めた木型を作成して、合わせて抜いてしまえます。

封筒の輪郭に対し、窓位置がずれる心配がありません。

窓フィルム

窓フィルム

ロール状に巻かれたものを機械に取り付けて加工します。

セロファン以外に、グラファン [グラシン紙・エコ窓](常時在庫)生分解性フィルム(受注に合わせて入荷)の加工が可能です。

設備紹介

窓抜き

名称 メーカー 台数 加工内容
刃物自在置き型機  坂本造機株式会社 1台
自動ポンス抜き機 坂本造機株式会社 2台

窓抜き貼り

名称 メーカー 台数 加工内容
窓抜き貼り機 W & D (Winkler + Dünnebier) 3台 抜き刃は「彫刻刃」
窓抜き貼り機 冨士製袋機工業株式会社 1台 抜き刃は「ロファレックス(ピナクル)」
窓加工の設備紹介

加工についてのご要望・お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

封筒屋どっとこむプロでできること

会員登録(無料)するとできること

  • 封筒のお見積もり・ご注文
  • 図面AIデータの自動生成
  • 見積・注文履歴管理
新規会員登録(無料)
ページトップ